記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代の健康法

20代の健康法

今回は20才〜30才までの
健康法について考えてみます。

前回(思春期健康法)の補足ですが
10〜12才はいろいろなスポーツをやらせてあげること。

この年の子は大人が1年かけて覚えることを1日で覚える。

スキーなどが良い例で、これを一生覚えている。

アメリカではこの年の子どもにはいろいろなスポーツを
やらせてあげることが多い。

大学ぐらいになって1つに絞る。

幼児の時にスポーツが苦手であってもこの時期に
スポーツをやると能力があがる可能性もある。

20〜30才までの健康法は一言で言うと
この年代は『健康に気をつけなくても良い』
ということ。

とにかくいろいろな経験(良い事、悪い事)をして遊ぶこと。

例)タバコ、酒、マリファナ、睡眠不足・・

無茶苦茶な生活を体験してみる。

健康に気をつけるのは30才を過ぎてからで良い。

遊びと仕事のバランスを取っていくことが大事。

20代はミスが許される時期、
チャレンジ、エンジョイすること。

20代の健康法は便秘は良くないので
最低の健康法として、
エネマ(腸内洗浄)とエンザイム(酵素)を
やっていれば良い。

健康に気をつけるよりも
スキル磨きをやった方が良い、遊びながら。

20代にあまりキチンとした生活をしていると
30代以降にその反動で爆発してしまうことがある。

30代以降になってからのムチャクチャな生活は
なかなかリカバリーできない。疲れも取れない。

だから20代でトコトンやり尽くす。
今しか出来ない事をやるということ。

40代になって遊び続けている人とは
0〜20代の悪習慣が身に付いている。

中年クライシスと言って今までのモノを
すべてを壊してしまう結果にもなりかねない。

年配者の多くの後悔は
「若い時にスキルを磨いておけば良かった」
と言うらしい

20才になったら格闘技はやっても良い。

20代はとにかくいろんな欲を満たしておく事。


【宿題】
1、自分がやってみたい遊び10個書き出す


2、いろんな女性と手をつなぐことをする


3、食べ合わせを無視しても良いのでいろんな食べ物、
飲み物を経験してみる。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。