記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛DMS第36話:やる事よりも結果にフォーカスしなさい

腰痛DMS第36話:やる事よりも結果にフォーカスしなさい

よく患者さんで会社に不満を言う人がいる。

「あの上司は気に入らない」
「給料が安い」
「うちはブラック企業だ!」

など

でも考えて欲しいことがある。

そんな患者さんから信頼を得ることが
出来た時にはこんな話をします。

それは

「誰がそこの会社に行っているのかどうか?」

という認識。

護送車みたいにあなたを無理矢理
会社に連れて行くのではない。

会社が嫌なら行かなければ良いだけ。

あなたは一切自由。

あなたは会社に依存している。

依存しているからこそ腹が立つ。

そう認識してみると良い。

会社には自分自らが自分の足や車で行っている。

「俺が自分の意志で会社に行くんだ!」

と言って会社にいくことで不思議と
出社拒否な気分が和らぐはずです。

サラリーマンマインドセットとは
常に時間が最重要な感覚で

「どれだけの時間働いたか?」

という意識のこと。

個人事業者であれば、結果がすべてだが
サラリーマンであれば余程の失敗を
しない限り解雇はされない。

よって

「早く就業時間が来ないかな〜」

という風に会社からも自分の労力を提供しないで
給料ドロボウになろうとする気持ちが出てしまいがち。

仕事もただ毎日ダラダラ決まった時間内で行なうのではなく、
本来は正確に素早く仕事を終わらせる工夫は無いかを
考えたりすること。

例えば仕事で成果を出さないと
給料は0と言うのならどうだろうか?

かなり真剣にやりますよね?(笑)

成果さえ出してくれれば、経営者にとっては
良い社員でいくらでもお金は出したいと思う。

「自分はそんな会社のためになる社員であろうか?」

社長も短い時間で成果を上げてくれる
従業員の方が可愛いはず。

仕事のためにを頑張っている風にするのは簡単。

「セミナーに行きました!」
「この本を読みました!」

こんなのもダメ。

「その結果どうなったのか?」

が大事。

ただ短い時間で仕事をする事が良いと言う
訳ではない事に注意が必要でもある。

つまり

「本当に大切なことだけをやりなさい」

と言う事。

ダラダラ仕事をするのではなく、
メリハリを付けてさらに結果を
出すと言う事。

成功者というのは一見すると遊んでいるように
見えるが実はかなりの時間を仕事をしている。

遊ぶ時間が欲しい人は経営者には
ならない方が良い。

サラリーマンのままで他人に時間を
管理してもらって不満を持ちながらも
休日を謳歌するのも間違いでもない。


・具体的なアクション

つい作業をしていることに満足しがちだが
これからは常に結果にフォーカスしていく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。