記事一覧

腰痛は炎のパワーで焼き尽くせ!

腰痛は炎のパワーで焼き尽くせ!

110426dot02.jpg

前回の風のエレメントの話は
いかがだったでしょうか?

食事は少しぐらい食べなくても
死ぬ事はありません。

しかし呼吸は普通の人であれば
数分も止まっていれば死です。

つい忘れがちになってしまって無意識に
行なっている呼吸。

それを意識的に大切にすれば、
健康体質に進化していくと思います。

ぜひ息吹ルーティーンを
習慣化してください。

さて今回は最後4つ目の
エレメントの『炎』です。

炎は目に見えるエレメントです。

温度によってその姿も変わります。

青は低温、で赤は高温。

炎は魂、情熱を表すシンボルと
言われます。

気は最近西洋医学でも
取り入れられるようになってきました。

電子レンジはマイクロ波で
振動させて熱を出します。

炎とは純粋なエネルギーの
元の形でもあります。

太陽はまさに炎のエレメントの象徴。

日中しか触れる事ができない、
昔はありがたい存在だった。

炎は大事なものだが
常に触れる事は危険。

太陽も直接見れば目を壊します。

使い方を火事になったりと
間違えると怖いもの。

炎のエレメントは水で中和できる。

水、地震はいつまでも続くことはないが
炎は一度火がつくと収めるのが難しくなる。

私たちは炎のエレメントを
殺すような事をしている。

火を通さないローフードも
こだわり過ぎたり、
やり過ぎれば元気がなくなる。

火を通した方が良い事もある。

過剰に火を恐れない事、
リスペクトする。

枯れ葉は葉っぱの中の
炎のエレメントが燃えている。

太陽、ほのおのエレメントを放出している

明るくなったら起きて、
暗くなったら寝る習慣を守る。

私たちの身体は炎のエレメントを
放出している(サーモグラフィーでわかる)

炎のエレメントに関連する身体の部位とは
肌、目、脳内の松果体。

汗をかくのもそう。

健康のためには太陽の光を
ほどほどは浴びた方が良い。

北欧の人はうつが多い、
70種類以上病気にもなりやすいとも
言われている。

ビタミンDはコレステロール(ナナデヒドコレステロール)
で太陽を浴びる事で活性化する

骨を強くする、南国の人が北欧などに行くと
身体を壊す事が多い。

マリンスポーツをやっている人は
元気な人が多い。

逆に家に引きこもっている人はうつっぽい。

日焼けを気にする人が多いが
確かにメラニン色素は紫外線に対して
影響を受けてしまう。

だから色白の人は過剰に浴び過ぎないこと。

何とか身体の調子が悪い人は
ビタミンDが不足している

うつや病気野人は太陽の光を浴びれば
治ってしまうことが多い。

うつ病の人は太陽の光を浴び続ける習慣を
持てば治るということ。

また普段、光が当たらない身体の
部位(肛門、性器)に太陽の光を浴びるのも
おススメ(昼12時前後がベスト)

エスキモー、イヌイットは
アザラシのレバー(脂溶性、水溶性)を
摂取している、貯蔵もできる。

夏は太陽の光を浴びたり、魚を浴びたり、
魚を食べたりすることで日焼けをする前に
抗酸化物質を摂取して準備しておくことが大事
(ブラックベリー、カカオ、トロピカルフルーツ、卵)

光の認識は『松果体錐体』が行なう。

メラニン色素、ビタミンDを
コントロールする脳の組織でここを
うまく機能させるとナチュラルハイになる。

目を痛めると言う理由で
サングラスをかける人が多い。

しかしサングラスをかけると
光を認識出来ず皮膚とのバランスが崩れ、
メラトニンが出ないという
デメリットがある。

(松果体錐体を活性化させる方法)
・朝日を見る⇒ずっと見ていても良い
・昼12時前後に太陽を浴びる
・夕日を見る(日没前1時間)
⇒眩しいのでほどほどにする

蛍光灯、電球、パソコン、スマホの光は
偽物なのでダメ。

どうしても仕事が室内の人や夜勤の人、
曇っていて太陽が見えない時などは
ろうそくやガスの炎でも良い。

P3073011.jpeg


陰陽の関係、人は
陽で吸収、陰で出す(肌)

汗で炎のエレメントを調整している、
汗とは色素を抜いた血液。

温冷水で血液循環を良くして
良い水も飲むと良い。

温泉は大地のエネルギーを
吸収出来る、一番優れリターンも大きい。

スキンケア、肌は常在菌、バクテリアが
存在していて弱酸性を好む。

オリーブオイル、
ココナッツオイルを塗ると良い。

安い石けんは使わない。

天然石けんでも毎日は洗わない(数日に1回)

(乾布摩擦)
足先から大腸に向かって行なうことでリンパの流れが良くなる

(温冷水浴)
緊張と弛緩を繰り返すので血液循環が良くなる
徐々に温度を下げて回数を重ねて行くこと


【宿題】
1、朝日を見る(最低週一回)

2、今まで陽を浴びた事が無い身体の部分に浴びさせる

3、乾布摩擦をやってみる


当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はこちらまでお気軽にどうぞ!
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
kenpukan@cy.tnc.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村