記事一覧

思考だけで腰痛改善はできる

【思考だけで腰痛改善はできる】

思考の力は凄い。

例えばペン先を自分に向けて近づけるだけで
恐怖を感じる。

またレモンを絞って口に流し込むのを
イメージするだけで唾が出て来るのが不思議ですね。

いずれも経験の有無に関わらずに
体が反応してしまう。

人は想像だけでも現実が
変わってしまうことがある。

思考パワーとは人間だけに備わったものです。

想像を超えた自分になれる。

3年後、10年後の自分、
3年前、10年前の自分が
想像出来ただろうか?

多分なかなか出来ないと思う。

たとえ今どんな状態にあっても
ハッピーなことになれる。

未来は変えることはできると信じること。

私のビジネスの先生は5年前まで
ヘビースモーカー、酒、ゲームばかりの生活だった。

しかし一念発起して非常階段の
登り降りからトレーニングを始めた。

セイレーン(人魚)の歌と言うのがある。

あなたが変わろうとするときに
ジャマをする人間の話。

五感で動くタイプの人は、
きらびやかな服装、雰囲気、
不安を煽るキーワードをよく使う。

あなたの心の声を聴くこと、
人の意見で動かない。

例えばチーズケーキを食べるという行為も
長期的にみると体に悪い。

セロリ、ブロッコリーを食べるのは
体に良いような気がする。

自分が避けたいことの逆を行くクセをつける。

人生とは真っ白なキャンバスに
絵を描くようなもの。

普通の人生とは描かれたキャンバスに
上塗りをするようなもの。

人生は常に真っ白なキャンバスに
絵を書ける(違う道に行ける)

宇多田ヒカル(COLORS )と言う曲でも
言ってるが何度でも塗り直せる

結果は3、5、10年後にわかる。

つまり決断した結果がわかる。

自分の都合に合わせた作話をするクセは
自分の間違いに気づけないで繰り返す。

行動を肯定し過ぎないこと。

自分の都合の良いようにしてしまう。

人に言われたことなど過去を信じ過ぎないこと。

人をあまり美化し過ぎない。

「過去は無かったこととする」

過去を説明し過ぎないこと。

「過去は未来ではない」

鉄道のように敷かれた上を走り、
決められた目的地にしか行けないのでなく、
自動車にように好きなように行き先も変えられるもの。

未来に時間を使って欲しい。

過去に囚われている。

「自分はこういう人間だ!」
と決めつけている。

思考、感情、発言、行動を変える、
習慣を変える。

「すべてを0ベースにしていく」

・何かを否定すると反発する

ついついやってしまう悪い習慣、
酒、タバコ・・も否定してしまうとダメ。

後でリバウンドしてしまったりと身体に悪い。

食べ合わせ(同化テクニック)も
決して食への否定のアプローチではない。

宴会、外食などを悪いと思って食べないこと。

要はバランスでたまには良い。

タバコの禁煙する場合も
「あなたにキレイな空気が入ってきますよ!」
と言う。

死そのものを恐れないで良い老後生活をイメージする。

赤ちゃんが生まれる時と同じで人が死ぬ事も美しい。

「先生と過ごせて良かったです」
と言って旅立つ人がいた。

生と死、両方をポジティブに捉えることで
理想の未来を具体的に想像できる。

「お金は資産ではない」
お金を否定しているのではない、
極端に考えるのでなく
ただフォーカスしないということ。

・思考のパワー

自分のモチベーションを上げる儀式。

自分が困難な状態になった時に
立ち直る儀式を身につける。

「俺は戦士だ!」
と言うガン患者さん

辛さを受け止めた上での
決めゼリフを考えておくと良い。

ネガティブを否定するのでなく、
ポジティブに変えれば良い

・上を見て下を見る

健康な人だけ見ないで不健康な人を見る。

自分の健康に感謝する、
病気の自分にも感謝する。

・感謝のルーティーン

寝る前に身近な人に感謝のメッセージを送る。

「過去は未来ではない」
過去の延長線が未来ではない。

・執着心を捨てる

失敗してもリセットして行けば良い、
自分がスイッチが入る元気になれる言葉。


【宿題】

1、あなたが今、否定してるモノ(人、物、事)を洗い出す

2、感謝リスト(人、物)をリストアップする

3、3年後のあなたの理想の状態(人間関係、感情、仕事スキル)を
  それぞれ出来るだけ詳しく洗い出し、決めゼリフを見つける
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村