記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども健康法

『こども健康法』

1302055top.jpg


巷には子ども向け健康法というのは無い。

子どもには子どもの健康法がある。

よく、肉は身体には良くないと言って、
子どもにも野菜だけのローフード生活をさせる親がいる。

子どもにローフードをさせると発達障害になる。

子どもにはデトックスもさせてはダメ。

子どもの目的は発達で栄養を取り入れること。

食べ合わせ(同化テクニック)さえ気をつければ、
何を食べても良い。

早期の離乳を目指す人がいるが
赤ちゃんは半年間は離乳食は必要無く、
母乳のみで良い。

逆に2〜3才まで母乳を飲んだ方が良い。

私のビジネス先生の元奥さんは9才まで
母乳を飲んでいて、大人になってからも
免疫力が高く、病気に一切かからなかったそうだ。

離乳食を食べると成長は確かに早いが止まりやすい。

子どもはすべての身体の組織を成長させてあげることが大切。

遺伝の影響は20%、環境80%、
実は生活環境の方が影響を受ける。

世界一平均身長が高い国、オランダ人、さらにクロアチア
山岳には男性190cm、女性180cmの民族がいるらしい。

筋肉が発達する時(16〜19才)はしっかりと鍛える事で
筋肉細胞がつく、大人になってからでは難しい。

骨や関節を痛めないスポーツやトレーニングを行なう。

子ども将来の身長について心配する親御さんも多いと思うが
子どもの身長はいつ決定するのか?

受精〜2才までに決まる、その時期は臓器も形成される大事な時期。
未発達だと肝臓からホルモンが出ない、だから母乳が大事。

2才〜10才⇒7cm=10cm身長が伸びる時期、栄養、睡眠、運動が大事、
この時期に親が注意して、毎年1cmずつでも伸ばしてあげれば平均身長は上がる。

10才〜15才⇒意識的に継続して栄養、睡眠、運動を行なわせる。

身長がアップするということは脳、神経細胞(シナプス)、免疫、ホルモン
やそれ以外の臓器も発達しているということ。

性格も良くなる事でクラスの人気者にもなる。

IQも高く飛び級をしたり、将来、年収も上がるような人間になる。

私のビジネスの先生の今の奥さんは15才ぐらいまで、10時間以上
寝ていたそうで今も身体が大きく、手や足も大きい。

子どもには母乳と睡眠が大事ということ。
私のビジネスの先生の家は夜6時には皆、寝るようにしているそうだ。

【具体的な食事の取り方】
・肉を食べさせない⇒ダメ
・子どもには野菜は食べさせなくても良い
・フルーツはたくさん、いろいろな種類を食べさせる
・フルーツは食べ易くするために存在している
 (実の中心に種があり、その周りに動物が好む甘い果肉がある、
  それを食べてもらう事で種と言う子孫をまき散らしてもらう)

野菜、植物は食べられないように存在する⇒毒があるモノが多い。
(ユーカリの古い物には毒素がある)

子どもが野菜をや「ベルトアルカロイド」という毒素が増える。
大人は大丈夫だが子どもには良くない。

私のビジネスの先生さんはいろいろなフルーツを子ども達に食べさせている。
カンジタ菌が増えるからなどフルーツはダメと言う意見があるが大丈夫。

甘いフルーツ(赤リンゴ、バナナ)ならチーズ(タンパク質、ミネラル)
と一緒に食べても良い。

子どもは甘い物を欲しがるのは当たり前のこと。

その他の良い糖分⇒ハチミツ、マヌカハニー(ニュージーランド産)、
ビーホラン(抗菌、殺菌作用もあり、薬として付けても良い)

アロエベラも良い。

子どもの栄養にはタンパク質も大事⇒1kg:1gが目安

牛肉、豚肉は避け(ホルモン剤の影響)、鳥、魚(汚染されていないもの)、
イカ、タコも良い(脳の発達に良い)

タンパク質はチーズが良い(ミネラル、カルシウムが豊富)
⇒プロテインよりチーズの方がムキムキになれる

睡眠時間は12時間以上。

ミネラルは海の物、海苔、昆布など海藻類。

亜鉛⇒オイスター(牡蠣)、チーズ

毎日ウンコをさせて上げる⇒私のビジネスの先生さんの家では子どもが
一日ウンコがでなかったらエネマ(腸内洗浄)をするほど排泄を
重要視している。

善玉菌を増やす目的(アシドフィルス菌)サプリも子どもには良い。
大人はキムチ、納豆。

【子どもにとってのスポーツのメリットとは?】
良く寝る、ストレス発散⇒遊び程度にしてやり過ぎない

裸足で木に登るなども良い。

脳が揺れるスポーツ(ボクシング、空手(フルコンタクト)は止めておく。

無動トレーニング、DNAストレッチ、息吹などが良い。

私のビジネスの先生さんは「子どもは30才まで自立させない!」
と言っているがそれは出来ればムダな失敗はさせたくないから。


【宿題】
1、チーズを食べさせる(ナチュラル)
  甘いフルーツ(赤リンゴ、バナナ)青リンゴは酸っぱいのでダメ。

2、睡眠時間を1時間増やしてあげる
  サンゲージング(朝日を見る)をさせてあげる

3、自然な場所に連れていってあげる、様々なエレメントに触れさせてあげる


【補足】

・レモン、ライム水は子どもには飲ませない⇒お腹が一杯になってしまうので
 まずは食事をさせてあげる(栄養摂取第一)
・オイルプル、ネティポットはOK
・温冷水は寝る前に
・運動は程々に本格的に無理はさせない
・大人の朝のルーティーンは10才以上になってから。
・1回の食事ですべての栄養を取らなくても良い(1週間で取れば良い)
・バランス良く食べさせなくても良い(食べ合わせだけに気をつける)


当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はこちらまでお気軽にどうぞ!
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
kenpukan@cy.tnc.ne.jp

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。