記事一覧

子ども健康法(補足バージョン)

【子ども健康法(まとめ&補足バージョン)】

syokuiku.jpg


かなり多くの方に好評いただいております、
子ども健康法の補足です。

子どもの健康は大人の健康法にも
つながるものです。

子どもは大人の背中を常に見ていて
大人も自分の背中を子どもに見られているという
意識が大切かと思っています。


(学校に行かないメリットとは?)

ホームスクールという生き方もある。
1、いつでもゆっくり落ち着いてうんこができる
2、食べ合わせが悪い食事がない
3、たっぷりと睡眠時間が取れる
  (子供の理想の睡眠時間1日10時間以上)

世界中でも完璧な学校はない、だからホームスクール

人は未完了なモノがあるとエネルギーがだだ漏れになる

ジクゾーパズルがあともう少しで完成みたいな状態のままでいること

中途半端な人間関係は止める。その前にスタートさせない。

マインドセット「永遠に続けられるものしかやらない」

誰かを怒り、憎しみ、裏切り、恨み、辛みも一緒。

しかし許すことでそのエネルギーも押さえられる
だから感謝する。

現代の子供たちの多くは栄養失調?
しかしぽっちゃりしたような子供が多い。

カロリーの高い食事(ファーストフードなど)は
脂肪を分解するのに大量のホルモンを使われてしまう。

バランスが良い食事は身体の成長に使われる。

遺伝というどうしようもないことからも逃れられることが
できる手段⇒睡眠

栄養失調の方が睡眠不足よりマシ?
睡眠>食事(栄養)>運動

睡眠不足というのは様々な障害が起こる可能性がある。

子供の理想の睡眠時間は12時間

現代の子供は寝る時間が遅い。

子供にとってタンパク質の摂取はとても大事。

運動も団体競技で争いを覚えさせることより
自己管理が出来る個人競技の方が良い

小さい子供は食事を食べない傾向があるが
往々にしておやつ、間食、夜食が多い
⇒それらを止めれば食事をしっかりと食べるようになるもの

野菜、フルーツジュース、和食が良い。

子供の成長に関しては思春期(11.5才)までが特に重要。
この時期は平均25cm背が伸びると言われている。

語学などが早いのは良いが、塾、運動よりも睡眠を
しっかりと取る方が後々は良いことになる。

子どもの必須栄養素、タンパク質、マグネシウム、
カリウム、亜鉛、ビタミン16を摂取させてあげること。

鶏肉を蒸したもの(ケンタッキーはダメ)、たまご、タコ、イカ、
豚、牛肉はホルモン剤を使用しているモノが多く出来るだけ避ける

「欧米人は老けやすい?」

欧米人の思春期は遅い(18才ぐらい)、アジア人(11.5才)

思春期は睡眠を多く取ることが大事(メラトニンがたくさん出る)

「乳製品は摂取しても良い」

乳製品は子どもにとっては胃の中でphが変わり、必要源になる
(大人はあまり必要としない)

カルシウムはゴマで代用出来る

亜鉛は牡蠣、オイスターソースでもよい

カリウムはジャガイモ(大きめを5個ぐらい食べると良い)
*欧米人はジャガイモが主食だから体が大きい

日本食デメリット⇒タンパク質が少ない
卵を5つ食べる、牛肉500g

バナナはカリウムが多いので良い

(理想の食事例)

朝、和食or洋食(コーンフレーク+牛乳+卵の黄身だけ)

昼、ジャガイモ+バター、鶏肉
  *子どもは緑黄色野菜はあまり食べなくても良い)

夕、リンゴ(赤)、バナナ、チーズ(ナチュラル>プロセスチーズ)
 *子どもには頻繁に与えても良い

睡眠をたくさん取ればたくさん食べるようになるもの

子どもは勉強(習い事)よりも発達を優先

寝る2〜3時間前には食事を終える

どうしてもお腹が空いたらホットミルク、卵の黄身は良い


【宿題】

1、あなたの未完了なモノをカテゴリーに分けて洗い出す
(人間関係、ビジネス、趣味、健康)
⇒優先順位をつけてやるか?やらないか?を決断する

2、リンゴジュース+バナナ+ナチュラルチーズを食べる
 *混ぜて食べてはいけない

3、睡眠を多く取る(PM10〜AM2時ゴールデンタイム)

当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はこちらまでお気軽にどうぞ!
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
kenpukan@cy.tnc.ne.jp

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村