記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティー作りの盲点とは?

=======================
コミュニティー作りの盲点とは?
=======================

こんにちは、大内です。

コミュニティー作りの盲点とは?

近頃SNSなどで同じ価値観を持った仲間作りや
コミュニティー、結束する重要性を問い、
仲間を募集する案内がよくありますね。

この世の中に自分たちのビジョンを
知らしめたいと願って活動を
している団体は数多くあると思います。

そんなことを昔から今でもやっているのが
宗教団体かと想います。

決して反論したいということでなく、
それだけ人が集まるということはある意味、
その意義を評価すること大切かと思います。

「人が多く集まる=素晴らしい組織」

果たしてそれは本当なのでしょうか?

別に組織が大きくなることが
すべてではないと想います。

烏合の衆という言葉もあります(笑)

昔から宗教以外のその他のどの団体も
このコミュニティーを広げるという試みに
苦戦しているようです。

「その原因は何か?」

私が想うのはやはり自分たちがだけが解決策を
持っているという「おごり」だと想います。

そしてただその組織を大きくすれば救われる人は
多くなるという妄想で個人一人一人の成長という
最大の課題をおろそかにしてしまうということです。

かつて私は「地球を救えるのは我々だけだ!」
というプロジェクトに参加していたことがあります。

私たちにとって解決策、手段というのはたしかに
目に見える大切な核となるものです。

目的、集まる理由、旗もないのに人は集まれません。

しかしその手段、方法論は最終的に
実は「特別な解決策、手段は無い」というところに
気がつくことだと思っています。

自分たちの手段を前面に出すことから
スタートはするが段々手段、方法論は
消えていくことが理想だと想います。

いつまでも教祖さんがトップに
居続ける宗教がダメなのと一緒で
常に変化し続けることが理想です。

コミュニティー作りを目的した活動は
駄目だという話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。