記事一覧

運命の一時間で腰痛体質改善

『腰痛体質改善への運命の一時間』

スクリーンショット160321


前回の「愛の習慣」では感情のコントロールが重要と
いうお話をさせていただきました。

これらは昔の日本人には備わっていて、
代表的な武士道など極自然に行なってきたことです。

しかしこの世知辛い、多様な物質や価値観が溢れている
現代ではサプリメント、ジム通いさえすれば
健康が手に入るといった安易な考えもあります。

精神性というのものを古いと錯覚させることが
問題です。

アメリカの考えは最先端を行っていると誤解し、
西洋かぶれになることがカッコいいと思ったり、

せっかく積み上げてきたことを
すぐ捨ててまた目新しいことを捜す。

「習慣は進化させていくこと」
例)コーヒーエネマのコーヒーの産地を変えてみたり、
  オーガニックなどでテストするなど

「人間とは意識的に行動していく生き物」
未来を想像してそれを実現させていくことが出来る。

空を鳥のように飛べたら思って飛行機が作られた。

本能のまま(爬虫類のように)生きる人になる。
こちかめ(葛飾区亀有公園前派出所)の両さんみたいな人。

満足を遅らせる事(結果をすぐに求めず、待つこと)
⇒成功者にはこれが出来る人が多い
例)徹底して継続した実践をしながら結果を待つ
(食事法などの生活習慣の改善)

自分のポテンシャルを上げるためであって、
人に怒られるからとかではなく・・

脳科学の世界に『毛様体賦活系(もうようたいふかつけい)』
と言うものがある
簡単に言えば、「人は見えているものしか見えない」
ということです。

普段から毛様体賦活系がオフになっていて
人の話を聞かない人が多い
⇒オンにしていくこと

大切な事は

(1)意志の力、(2)習慣、この順番

何でもすぐうまくいくことが良いことではない。

ビジネスでも1回稼ぎましたでなく、
継続して出来ていること。

意識的に継続的に行動して得られることに価値がある
⇒ジワジワと成功していく

人はまったくイメージ出来ない事
⇒行動出来ない

その行動も10回以下なら意味はない、たった数回など
やったことにならないし話にもならない

その人の一日の行動習慣をみればその人の未来がわかる

「初めが肝心」
最初の良い体験が後々に影響する
例)最初の男女関係、仕事など

朝一番、1時間の習慣のクオリティーが
残りの23時間を決める。

「人生で大切なこと」
1、自分の才能を最大化して進化させて提供する事
  多くの人は自分の才能を活かし切れていないで無駄にしている
2、完全に休養を取る事
例)寝る前に食べない、真っ暗で音がしない部屋で寝る
  疲れる前に休養する⇒とても大事、早め、早めに

「具体的な習慣は?」

まず肉体進化の習慣
レモン水、オイルプル、温冷浴、散歩、
無動トレーニング、野菜ジュース・・

『冷水は体に悪いという疑念に関して』
冷水が体に悪いというより不健康だから冷水が悪いということもある。

健康になれば、体温が高くなるので冷水の影響は少ない
よって腸の蠕動運動のために冷水を飲む。

それ以降は白湯でも良い。


レバレッジ(てこ)になるもの(成功に結びつくもの)

居心地が悪いことが合ったら⇒考え方をシフトするということ

肉体、感情、精神で考えることでレバレッジが効く

人は想像出来ないものは怖い
例)モロッコ料理、ナンパ・・

何か行動をする時はイメージしてからおこなうこと


「まずは自分自身を助けること」
難民救済、ボランティア、みんなのため・・という
意識は捨てる。

自分に体力がなければ共倒れ、二次遭難になる。

飛行機でも酸素マスクはまず大人が吸う
そうしたければ、子供を助けることができない。

一日で最初の一時間は他の人の心配はしない
⇒自分への投資の時間

例)
1、オイルプル(セサミオイル)
 口に含ませる量はリスのように口が膨らむぐらい
 ⇒20分間、吐き出すまで待つ間は
 マルチタスクで別の仕事をして待つ
 ⇒口をゆすいで歯磨き、
 舌磨き(ティースプーンで軽く1回だけ)

2、ネティポット

3、エネマ
 エネマをしたら横になって体を左を下にして
 仰向け、その後右向きになって「もう限界」
 我慢できないくらいまでホールドする

4、シャワーを浴びたりした後に散歩
(マルチタスクでメモ、ボイスレコーダーなどを
 持ち歩きアイディアを考える時間にもする)

5、無動トレーニング

6、野菜ジュース
新レシピ(ニンジン、セロリ、キュウリ、ショウガ、ニンニク)

(朝の習慣をうまくやるコツ)
・前日に材料を用意しておく(野菜ジュース、エネマなど)
・自分の無理がないところから始める
・思考、想像する
・成功回避不可欠な状態を作る、パートナーに協力してもらう


【宿題】

1、朝の習慣のスケジュールを立てる
 (何をどんな状態で時間で、などの計画表を作る)

・冷水を飲む(レモン、ライム、リンゴ酢、唐辛子入りを目指す)
・オイルプル(20分をタイマーを使う)
・舌磨き(ティースプーンで軽く)
・ネティポット(天然塩をお湯で溶かし人肌の温度で行う)
・野菜ジュース(ニンジンをベースにセロリ、キュウリ、ショウガ、ニンニク)
・無動トレーニング(呼吸を意識して最低5回以上を目指す)
・エネマ(朝の実践が出来ないときは夜に)

2、明日から朝の習慣をしている自分を想像する

3、朝の習慣の実践メールを大内に毎日送る


当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はこちらまでお気軽にどうぞ!
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
kenpukan@cy.tnc.ne.jp

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村