記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは学び方は正しいですか?

【あなたは学び方は正しいですか?】

私が今学んでいる山崎真吾さんのメルマガの
内容を自分なりに考えてみました。


その中で今回、山崎さんは
『爆発的な成果は「学び方」で決まる』
と言っています。


学びとは2つに分かれるそうです。


1つ目は『どん底』
2つ目は『ある程度の成果を上げている分野』

です。


人は

「ゼロからイチを生み出したい」
「さらなる飛躍を遂げたい」

このような欲求を持って学びますが、
どちらでも共通していることは、
観察、観察、傾聴、観察です。


山崎さんも昔、古武道を学んでいたそうです。

私も今、合気道学んでいます。

私も他の武道の経験がないのでわかりませんが
合気道も古武道も稽古でも各々がペアになって
稽古に取り組みます。

その先生が何かに気付き、稽古を止めたら

全員が手を止めて正座して聞くというのは
一緒です。

ただし、山崎さんの言われるその先生の言葉を

『全身全霊で聴く』と

いうのは実に難しいのです。

それはどうしても先生の話よりも
今自分が出来ないことが頭から
離れないからです。

つまり上の空で聞いているフリをしていることが
私自身も多いのです。

武道には実にいろいろな要素、それに
伴う注意点があります。

以下は山崎さんの引用そのままですが

・相手を持つ手の柔らかさ
・足の位置
・背骨の立ち具合
・相手との距離感
・先生の視線
・身体が最初に動く場所
・相手と接している場所の状態

など・・

実に観察する場所が様々あります。

もちろんすべてが出来る訳ではありません。

何年も何十年もかけて行くもののようです。

私も最初の頃は何にも見えなかっただけでなく、
「見る気」すらありませんでした。

目暗、節穴状態です。

人間には、

・自分の見たい場所しか見ない
・自分が意識したことしか見えない

という特徴があります。

これを脳科学的は

『毛様体賦活系』と言います。

学びの語源は、『真似び』らしいです。

なるほど〜。

これは武道の『守破離』の「守」であって、
自分の見たい場所を見るのではなく、

・上手くいくシステムを見る
・上手くいくシステムに触れる

・上手くいっている人を見る
・上手くいっている人に触れる

ということらしいです。

私も当時の山崎さんと同じく、
今は何にも見えないことは分かりました。

山崎さんは

「今、見えることを諦めよう」

と思い、

・目に焼き付けること
・分からなくてもいいから感じること

を意識したそうです。

見たことや感じたことは、
「潜在意識」に刷り込まれる
という理屈が分かっていたからだそうです。

つまり潜在意識への刷り込み

これをずっとやっていただけだそうです。

以下は山崎さんのメルマガそのままです。



分かる、できる。

この「時期」だけは分かりません。

時間だけは神様が決めるからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※特定の神様を指してはいません。


だから、

潜在意識に放り込み、
ピンと何かが閃くタイミングを待ちました。

・とにかく観察
・とにかく全体を感じる

これだけを意識していました。


ビジネスの講座にもたくさん出ますが、
僕が今もやっているのは「観察」です。

出来るだけ、先生の近くで観察する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをやっているだけで、
今すぐに理解することは諦めています。

潜在意識に放り込んでいるだけです。


自分にある先入観や固定観念を捨て、
出来るだけあるがままに観察すること。

これを意識しています。

過去の自分の思考に戻らないよう、
先生の思考をインストールする意識です。


嫌いな人や苦手な人と話す時、
最初から相手の言うことに耳を塞がず、
嫌いであろうが苦手であろうが、

「あるがままに観察する」

ことを意識しているし、
たとえ好きな人であろうが、

「あるがままに観察する」

ので、相手の言動に違和感があれば、
なるべくすぐにツッコミを入れます。


このあるがままの観察ができると、
嫌いな人、好きな人に関わらず、

客観的にシステムを見る能力
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを養うことができるわけで、
守破離の「守」がクリアできるのです。


ビジネスの先生を観察する時、
僕は講座の内容はあまり聞いていません。

それよりも、

・先生がされているであろう行動
・生徒に対する想い
・大切にされているマインドセット
・システムの中で何を重視するか

など観察から推察(仮説)へと移行し、
推察を「検証」することで、
自分の【身】になるよう努めています。


また抽象論になってしまいましたが、
具体的なヒントもお伝えしています。

僕が大切にするのは「重要」なこと。

頭が良い方ではないため、
細かいことは僕の頭では覚えられません。

だから「抽象論」を大切にしています。

いかがだったでしょうか?

今出来ると想ったことは
今を感じることです。

相手に正面に向き合い、
あるがままに相手を感じる。

これも大変そうですがやって
行きたいと思います。

===================================

「ヨガ、ストレッチ、体操教室、スポーツジムなどに
行っても肩こり・腰痛がなかなか取れないあなたへ!」

【肩こり・腰痛・膝痛にならないカラダの使い方教室】

それは身体の使い方が悪いせいかもしれません。

身体の一部分に負担をかけない身体の使い方である
背骨に重心が乗る身体の使い方、歩き方、座り方、
立ち方、

セルフマッサージケアの仕方などをご家族、お友達などと
一緒に楽しみながら学びませんか?

これは日本古来から伝わる武道の身体の使い方、知恵であり、
自分の身体を一生活かし使い切るための教室です。

運動神経など関係ない、誰にも備わった本能を目覚めさせます。

教室では簡単なエクササイズから始めますので
どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】 2月5日(日)09:30~11:30
【場所】 ラ・ホール富士(和室)
【参加費】 500円
【持ち物】飲み物、タオル、動きやすい服

*なお会場は和室です

参加申し込み、ご質問等は
メッセンジャー、以下の電話、またはメールフォームから
「カラダの使い方教室参加希望」とお問い合わせ欄に
記載の上、お申し込みください。

健風館施術院 大内英二
0545-51-7839
090-3932-7047
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954


=========================

【LINE@始めました!】
よろしければ以下よりご登録お願いします。
友だち追加

https://line.me/R/ti/p/%40nar0717v

ライン友達登録QRコード
=========================

【90日で腰痛体質から抜け出す武道の知恵メルマガ】

腰痛はご自身の体を認識と使い方次第ですばやく変化します。
90日で症状の戻りが無い体に生まれ変わることができる
知恵を包み隠さずレクチャーいたします。

ご登録はこちらからどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0001677255.html

===================================

当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はお電話あるいは、
以下のメールフォームからお気軽にどうぞ。
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。