記事一覧

先生への相談は絞り切ってから

=======================
先生への相談は絞り切ってから
=======================

こんにちは、大内です。

今日はいくぶん寒さも
収まってきた静岡です。

明日は暖かい雨が降るそうなので、
少しでも寒さが和らぐのを期待しています。

今日も過去のブログを整理していて
出て来た、約2年前のブログを
少しいじっての再投稿です。

こんなことを書いていました。

あなたは決断に際して、
人に相談をする方ですか?
それとも自分で決断する方ですか?

決断の方法には外側と内側からが
あるそうです。

・外側評価⇒周りの人の評価で決断する

ただし意見を求め過ぎると決断に迷います。

・内側評価⇒「自分がどう思うか?」
で人に相談せず自分で決断する

結果的に

「意見に耳を傾けていれば・・」

ということが多い。

これもいつもと一緒ですが、
どちらが良いとか悪いと
言う話ではありません。

少し話はズレますが

この世がそうですが、
相変わらずモノゴトを
2極論で決めたがる人が
多いようです。

情報に関しても、
自分が触れたくなければ、
自分が見なければ良いだけです。

「今までありがとう!」
「さようなら!」

とまで言わなくても良いけど、
黙って立ち去れば良いだけです。

ネットなどは自分に直接、危害さえなければ、
反対の意見の人を切り捨てる所までは
止めておいた方が良いと思います。

自分の主義主張ばかりが全面に来て、
人に自分意見を認めさせたいという人は、
不思議と違和感を感じるものです。

それは他人と常に戦っている姿に
だと思います。

『ムカつく時は自分の進化の最大のチャンス』
かと思っています。

そんな所にエネルギーを費やすよりも
自分自身と粛々と実践している姿や
自分のファン、未来のファンのために
徹底提供のスタンスで何ができるか?
をやって行った方が良いと思います。

『芯伝整体』を教えてもらっている
山崎さんは自分にとって違和感のある人も

「とにかく感じなさい」と言われます。

するとその本質が少しづつでも観えてくる。

それもイヤならやっぱり
『逃げ恥』ですね!

兵法では逃げるは最大の必勝法ですから
それも悪くない(笑)

・・てな感じでエラそう言ってますが
こんなことを今までやってきた自分だからこそ
こんな人の気持ちはよくわかります。

わかっていてもやっちゃうんだよね〜

未熟な人間だもの(笑)

話はかなりズレましたので戻します。

私はこれまで自分で決断することが
多かったです。

誰かに頼ることは、弱い人間がやることで
特に男であれば、自分で決断することが
当たり前と思い込んでいたからです。

そんな昭和の頑固オヤジ風では
行き詰まることは、今思えば必然です(笑)

それでもこれでもかこれでもかと
いう試練のよってようやく3年程前から、
自分の考えだけでの決断を
あきらめられるようになってきました。

そんな私が実際にやってきて、
一番良いかと思っているのが
尊敬出来る人にアドバイスを求めることです。

特にその分野のトップの人で
最初から自分が尊敬できない、
疑うような人には相談しない。

そのチョイス自体が難しいですが・・

FBなどで腕を組んでドヤ顔の
パッと出の若造コンサルタントはダメですよ(笑)

長年その分野、カテゴリーで成功している人で
出来れば年を取ってる長老がベストです。

そして、その人にしっかりと
下調べをしっかりとした上で質問する

「先生、私、成功したいんですけど、
 どうしたらいいでしょうか?」

このような超〜抽象度が高い、
漠然とした質問ではダメです(笑)

「先生、私はコレコレこういう理由で思うんですけど、
 先生はどちらが良いと思いますか?」

ってな感じで即答出来る形で質問することです。

先生は忙しいのです。

最初の質問であれば、返答に時間がかかります。

つまり先生から大事な時間を奪っているのです。

「右?か左か?」
「1番か?2番か?3番か?

ぐらいに答えやすい形まで自分で
やり込んでから質問することです。

私も出来ていませんが
一緒にガンバリましょう!

=========================

【LINE@始めました!】
よろしければ以下よりご登録お願いします。
友だち追加

https://line.me/R/ti/p/%40nar0717v

ライン友達登録QRコード

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村