記事一覧

腰痛DMS第59話:価値を伝えるときは1つに絞って伝えなさい

【腰痛DMS第59話:価値を伝えるときは1つに絞って伝えなさい】

「うちは何でもやりますよ〜!」
「何でも美味しいです!」

など

よくチラシやホームページなどの
広告でもお客さんに余計なことを
たくさん言っていることが多い。

それではお客さんは迷ってしまう。

「いろいろ美味しい」

より

「カツ丼が一番注文が多いです!」

の方が明快でわかりやすい。

お客さんには一番大切なポイントを
伝えること。

お客さんの今困って悩んでいる
出血ポイントはどこか?

そこを

「私だったら解決してあげるよ!」

と伝える。

お客さんにとって関係ないポイントを
アピールしないこと。

例えば歯医者さんで

「ウチはデザインにこだわった制服です。」

と言ってもそれは患者さんの
一番の興味ポイントではないですよね(笑)

痛みに余裕があれば、
歯科衛生士さんの制服姿も
気になりますが(笑)

それよりもしっかりとした
治療技術で治してもらうことを
期待している。

お客さんが一番困っていることに
対してアピールすること。

相手が知りたいことだけに
対して答える。


・具体的なアクション

ついお客さんにいろいろと
アピールしたくなる気持ちはわかる。

ホームページなどでも
これまでもあれもこれも伝えたい事を
すべて載せるより、

いかにまとめて整理して
あげられるかも大事。

これからお客さんが
一番欲しいモノは何か?という
ポイントを絞っていく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村