記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気に入らないことが起きたときは自分が変わるとき

『気に入らないことが起きたときは自分が変わるとき』

「朝からムカつく野郎だ!」

とテレビをすると
そんな気分になります。

テレビや新聞は
その温床とも言えます。

殺人事件、詐欺、政治家の
不祥事などがトップニュースや
一面で紹介されます。

そんな情報はあなたを
ネガティブな感情にさせます。

また本来一番エネルギーが
満ちているはずの朝を
攻撃的な感情にさせます。

だから成功者はその多大な弊害を
知っているのでテレビや新聞は
見ないのです。

でも何かにムカついたり

「イラっ」

とする時は自分の考えを
見直すチャンスです。

例えば、自らの心の声に従って

憧れの「脱サラ整体師になろう!」

と思ったりします。

でも少し壁にぶつかったり、
イヤなことがあると

「もうやめよう・・」
「逃げたい・・」
「どうせ、自分にはムリだ・・」

と言う心の声に
従ってしまう人がいる。

しかしそれは間違いかもしれません。

心の声を聴くというのを
勘違いしている人が多い。

心の声は決して自分の都合の良い
解釈をすることではない。

誰でも何か新しいことに取り組む場合、
自分の想い通りにならず、
気に入らないことばかりに
ぶつかるもの。

あなたの周りを見回しても
イヤなことから逃げている人がいませんか?

そんな人はいつまでも同じ
不平不満ばかり言ってるだけで
行動は何も変わってはいないのでは
ないでしょうか?

自分がまだ苦手な分野で自身を磨いて行けば
普通の人よりは上手くなれるもの。

多くの人はある程度自分ができることは

「私はもうわかっている!」
「おれはもうそれは出来るから必要無いよ」

などとナメてかかります。

「知っている、わかっている」=「出来る」

とイコールと言う盲点に
多くの人は気がついていません。

そんな想いから改めて
取り組もうともしないので
あなたがしっかり取り組めば、

かなり簡単にエキスパートに
抜け出すチャンスにもなります。

何か気に入らないことが
起きたときは自分が変わるとき、
自分が変われるときということです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。