記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは共感、理解されたいほどやってますか?

===============================
あなたは共感、理解されたいほどやってますか?
===============================

こんにちは、大内です。

「よく他人を理解し、共感しましょう」

という言葉があります。

相手の立場に立つこと、
確かに大切なことです。

ご商売をされていらっしゃる方に
とっては、この意識があるか?ないか?
によって売り上げにも
多大な影響があります。

確かに人間は他人からの
共感を得たいのが本能です。

今回の話しは、
その場の感情の話しではありません。

またそれらが悪いと
言うような評論家の
話しでもありません。

「自分が共感してもらって
 本当に満足したのか?」

「自分はそれをきっかけに
 生き方が変わっていったのか?」

というようなことです。

他人に自分を理解、共感されたいという
人の感情には逆の感情として

「簡単に共感されたくない・・」
「お前なんかに理解されてたまるか!」

というようなモノだってあります。

実に複雑で面倒クサイです(笑)

他人はもちろん、
家族、身内だってそうかもしれませんが、

自分が相手に対して
理解、共感を求める程

「そこまで理解、共感して欲しいほど
 やり込んでいるのか?」

ということが問題です。

そこを意識しておくことが
精神的にも健全なバランス力かと
想っています。

上っ面だけの共感、理解で

「ウレシイ!」

と喜んでいる自分を
客観的に観る自分が
必要だということです。

私自身も理解、共感を
求めたいときはあります。

今までも多々ありました。

多くの未熟な感情からの
別れなどもありました。

それらの経験の中から、
そんな理解、共感を
求めている時というのは、

まだまだ自分が
自分の目的が明確ではなかったり、
集中していなく、やり切れて
いないからだからだと気がつきました。

自分がモノゴトに
集中してやり切る行動を
取っていれば、
相手から

「理解をして欲しい・・」
「わかって欲しい・・」

という相手への求める感情は
少しは無くなっていくのだと
想いました。

でもまったくのゼロは
目指さないでください。

完璧主義は挫折します(笑)

モノゴトは不確定な要素も含まれ、
要は相手の状態もあります。

「安易に他人を理解するとか、
 共感できたなどと言わない。」

この部分を察する力は必要かと
今は想っています。

あなたのご意見、
ご感想お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【あなたの声をお聞かせ下さい!】

あなたの想いを聞かせていただくことほど
私の仕事に情熱とやりがいを与えてくれるものは
ありません。いいこと、悪いこと、どんなことでも
結構です。是非、あなたの声をお聞かせ下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。