記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛DMS第105話:自分の思考を捨てて、お客様の思考になれ

【腰痛DMS第105話:自分の思考を捨てて、お客様の思考になれ】

こんにちは、大内です。

今日は

『自分の思考を捨てて、お客さまの思考になれ』

という話をします。

実は腰痛とビジネスはとても
深いつながりとなります。

このことはまたこのブログを
読んで下されば分かっていただけれると
想います。

「どうしてこんな良い商品なのに
 この良さがわからないんだ!」

「やっぱそっちを選ぶのか?」

「センスがないな〜」

あなたが何かご商売を
やられている場合であれば、
こんな風に思ったことはありませんか?

私の場合は整体ですが、

昔は患者をバカにしたり、
差別までしていました。

そんな勘違いをしていたために
患者さんは居心地も悪く、
私の元から去り経営は
行き詰まりました。

でもこの事実に
心底気がついてからは
それまでの自分の行為を
猛省しました。

「患者さんは、本当のことに
 まだ気づいていないだけ・・」

「こんなに辛かったら自分も
 同じような気持ちになるよ」

など

徐々にお客さんに共感もできるように
なれました。

今回の話を知らないと
昔の私の二の舞になってしまいます。

ただこの認識さえ
持っていれさえすればお客さんも

「この人、なんて気が合う人なんだろう!」
「また来たいな〜」

などと思ってくれて
商売も繁盛することは
間違いないでしょう。

お客さんにあなたの想いは関係ない。

『お客様目線』という思考では甘い。

お客さん自身になってみること。

お客さんになるための
3つのポイントがあります。

1、自分がお客さんの経験をする
  ネットでショッピングをしてみる

2、お客さんと毎日話す
  「どんなことを考えているのか?」
  「どんな本を読んでるのか?」
  「どんなものに興味があってどんな悩みがあるのか?」

3、アクターになる
  自分が自分のお客さんになりきる

ハリウッド映画はオーディション制だそうだ。

多くの役者は自分がもらった役柄の
履歴書をよく書くそうだ。

「どんな職業?」
「どんな性格?」
「どんな生い立ち?」

かなり細かい部分までを想像して書くそうだ。

こんなバックグランドがしっかりとしているからこそ
深い映画になり、多くの人を魅了するのでしょう。

また自分一人でなりきるより、
誰かの協力を得た方がさらなる
気づきがあるものです。

特に自分の商品を買ったことがある
人を見つけてリサーチしながら
役を演ずるのも良いでしょう。

自分の思考を捨てて、お客さまの思考になる
大切さをお話させていただきました。


・具体的なアクション

常に「今、お客さんだったら
どんな風に想うだろう?」

という認識で行く。


=======================
当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/

ご相談やご質問はお電話あるいは、
以下のメールフォームからお気軽にどうぞ。
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。