記事一覧

大地にアースすれば腰痛は治る

新緑が眩しい季節になりましたね。

暖房器具も厚手の上着も必要も無くなりましたが、
まだ片付けも出来ていない今日のこの頃です(笑)

先日、春の手作り酵素も無事完成して
相変わらずの爽やかな味に手作り酵素を
飲むことが出来る喜びを感じています。

ご来院の際にはもれなくお出ししておりますので
ぜひ楽しみにしていてください。

今の時期は身体を動かすにも持ってこいの季節です。

アウトドアスポーツや気軽に散歩なども行い、
自然の中でこの気持ち良い時期を五感で
感じていただきたいと思います。

海、山、川、高原の中では風も匂いも
普段の生活とは違うと思います。

五感を刺激することでストレスも
だいぶ変化するはずです。

具体的な方法は自然に踏み込む事で
例えば裸足で砂浜を歩いたり、
近所の公園で芝生の上を歩くことでも
自然を感じる事は出来とても良いです。

特に海の砂浜を歩くのは特に効果があると
言われています。

裸足で歩くメリットは体内の静電気が
アースのように放出されることです。

スクリーンショット 20160510


都会に住む人はもちろん、地方であっても
むき出しの土の場所に住むことが無くなってきています。

また電気が不可欠の現代の生活様式で
電化製品の電磁波の人体への影響も危惧されてきています。

特にコンクリートや鉄筋に囲まれた生活の中で
我々は大地に電気が放電され難い状態で体内に
電気が溜まってその影響で自律神経の
バランスを崩しやすいのです。

ぜひご自身の体内の電気を放出する大地との
アースのルーティーンをぜひお試しください。

しかしこの時期の紫外線は一年で一番強い時期です。

またサングラスを使用する方も多いと思います。

なぜなら、目は、暗いところでは瞳孔という
目の中心にある、光を通す領域が開き、
より多くの光を取り込むようにできています。

一方、明るいところでは瞳孔は小さくなり、
光を取り込む量を減らすという調節をしています。

ですから、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで
強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になって
多くの紫外線を目に取り込んでしまうリスクもあります。

しかし目には元々、紫外線をカットする機能が
備わっていて体は紫外線を浴びることで、
免疫力を向上させるビタミンDを
作り出す効果などもあります。

しかし長時間であれば白内障や
黄斑変性(おうはんへんせい)症という、
視界がゆがんだり目が見えなくなったりする
病気を引き起こす可能性があります。

ぜひこれらを踏まえて紫外線対策を
しっかりとしてぜひ、これからの時期の
気持ち良い裸足ライフを楽しんでみてください。

当院オフィシャルホームページです。
具体的な自分で腰痛を治す方法が書かれています。
http://www.kenpukan-sejyutuin.com/


ご相談やご質問はお電話あるいは、
以下のメールフォームからお気軽にどうぞ。
健風館施術院
0545−51−7839
090−3932−7047
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8bb910bd305954

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村

アクセス数

FC2ブログランキング

プロフィール

herunia88

Author:herunia88
富士山の麓の整体師です。
元腰椎ヘルニアで足のマヒで3ヶ月歩く事ができませんでした。
このブログでは自分でヘルニアを克服する方法を余す事無くお伝えいたします。

フェイスブック&ツイッター

にほんブログ村